智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下痢が治らない(>_<)
12/10、前回の7種混合ワクチン接種から2週間経ったので、狂犬病ワクチン接種だった。朝のモーフィーの世話は雷蔵がしているので、気が付かなかったが、その日の便を持っていった所、先生が「便が少し軟らかいですね。遊ばせちゃいましたか?」と。この2週間、便は良好だったのに・・、「雷蔵、何で言わなかったの?」と診察室で睨みつけてしまった。確かに、調子がいいからと、ホンの10分/1日、サークルから出して自由にさせた事はあった。でも、先生は、狂犬病ワクチン接種してくれた。「また、下痢になる前に早めに連れてきて下さいね」と言われた。

また、安静にさせなければいけなくなった。安静時は、サークルに毛布を掛けてしまうので、パッと姿を見る事も出来ない。

日曜、月曜と様子を見ていたが、やっぱり、トイレシーツにくっつく位ウンチが柔らかい。病院に連れて行かないといけないが、私の風邪も酷くて無理。雷蔵に無理をしてもらって13日火曜日に病院に連れてってもらった。注射を2本打たれて、薬をもらって帰ってきた。また、週末に受診予定だ。
夕方は、私を病院に連れてってもらった。雷蔵もお腹の風邪らしく調子が悪かったので、一緒に受診した。
一家揃って、病院にかかった。

帰宅してみると、モーフィーのウンチは良い状態になっていた。やはり注射は即効性がある様だ。その後、ずっと順調だったのに・・、また、今朝柔らかめになった。その便を持って、病院へ行った。便の腸内細菌は問題ないらしいので、はしゃぎ過ぎで腸が蠕動運動して緩くなってるらしい。殆ど、遊ばせなかったのに・・。また、抗生剤と整腸剤の注射を2本打ってもらった。2種類の薬も変わらず・・。

また、毛布で目隠しされた、サークルの生活。毛布を被せていると、モーフィーは大人しくしている。ウンチをすると、「クンクン・・」と小さく鳴くので分かる。直ぐにサークルに行き、毛布を捲ると、モーフィーはピョンピョン跳びはねて、嬉しさを一杯に表す。なだめつつ、ウンチをペーパーで取り、状態を確認。そして、可哀想だが、直ぐに毛布を掛ける。

可哀想だ・・。本当だったら、もうとっくにお散歩デビューしてるはずなのに・・。せめて、毛布を掛けなくても良くなってくれれば良いのだが、私の姿が見えると、遊んで欲しくてピョンピョン跳びはねてしまうし・・。

早く、下痢体質が治って欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。