智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お散歩デビュー(仮)
土曜日に、ギリギリセーフで地元で評判が良いらしいクリニックに受診して、週末も安静にしていたお陰か、やっとスッキリ起きれた。天気も良く、気分も良かった。ふと、「モーフィーを散歩に連れて行こう」と思い付いた。散歩と言っても、ワクチンが全部終わっていないので、キャリーバッグに入れて歩くという事だ。

私も病み上がりなので、一番暖かい昼過ぎに出る事にした。
面倒だったので、日焼け止めの乳液だけ付けて、メイクはしなかった。
腰には悪いのだが、デジカメ、タバコ、携帯灰皿、ミニ財布をヒップバッグに入れて、装着!
モーフィーに、Sitさせて、カラーを付け、キャリーバッグの飛び出し防止リードを付けて、さぁ出発!

実際のお散歩予定ルートを歩いた。目的地(折り返し)は、幹線道路沿いにある比較的大きな公園。
左肩にキャリーバッグを下げ、右手は杖を突きながら歩いた(この為、手提げバッグは持てない)。相変わらず歩道は少しだが起伏が度々あり、私自身歩くのが危なっかしい。
途中、下校する小学生の集団とすれ違う羽目に。私は正直言うと、"お子様"は苦手だ。こちらが杖を突いていても、並んでずんずん進んでくるし、はしゃぎながら歩くので、何度ランドセルでど突かれた事か(´ヘ`;)。でも、そんな中、女の子3人組がキャリーバッグから顔を出していたモーフィーに気付いて、「あー顔だけ出している!」「可愛い!」と言ってくれた。そう言ってもらえると、嬉しいもんだ。私は一転して機嫌が良くなり、彼女たちに「まだ赤ちゃんなのよ」と言った。そして、彼女たちとすれ違った後に、モーフィーに「良かったねぇ、可愛いってさ」と声を掛けた。
肝心のモーフィーは、見る物全てに興味津々の様で、キョロキョロしていた。でも、うるさい車の音にもビクつく事もなく、また何かに吠える事もなかった。
約10分程歩いて、公園に着いた。
犬のお散歩をしている人を探したが、見当たらなかった。この時間は、お散歩時間じゃないのか?
ゲートボールや野球をしている広場にある、日当たりの良いベンチに座った。私もずっと寝込んでいたので、日差しが気持ち良かった。モーフィーもきっと気持ち良かっただろう。でも、モーフィーは、キャリーバッグが嫌なのか、外に出たいのか、立ち上がったりしていた。
初めて公園でひなたぼっこ
↑ひなたぼっこ
タバコ2本程吸って、帰る事にした。日差しは暖かいが、やはり風がひんやり冷たく、私はまた鼻水が出てしまった。

帰宅後、モーフィーの昼食をあげ、私はまた布団に潜ってしまった。どうも、風邪をぶり返したらしい。

実際のお散歩デビューまで、1ヶ月あるけど、また天気の良い、私の体調の良い日にバッグでお散歩に行こうと思った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。