智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮絶なバトルの結果
11日Fri.の深夜(12日)、私達はモーフィーの事について壮絶なバトルをした。数年ぶりだった。
基本的に、私は事実を包み隠さず、記録する主義だが、今回はバトルの内容を書くのを控えたい。二人共、深く傷付き反省している(だろう)から。

翌、土曜日、仲直り(仮?)した私達は、モーフィーを病院に連れて行く事にした。入院については、雷蔵は反対の様だった。でも、フードも薬も無くなったので、取り敢えず受診して、先生と相談して決めようという事になった。

この日も、朝からモーフィーのウンチは、ユルい部分と良い部分が混じっている様な状態だったが、食欲もあり、元気でぴょんぴょん跳ねていた。

車に揺られる事、30分余り、小机にある病院に着いた。待つ事数分、先週診てくれた先生に呼ばれて診察室の一つに入った。
持ってきた便を見せた。便以外、問題は無い様だ。
先生は、

子犬の軟便は、数ヶ月かかる事も稀ではないんです。
フードや薬を変えて、様子を見ますか?
でも、飼い主さんが疲れちゃってるなら、お預かりする事も出来ますよ。人間無しでは生きていけない動物ですからね。

との事。今まで食べさせていたフードも下痢対応らしいが、水分が多めらしい。もっと水分の少なめのフードがあるらしい。状況が良くならなかったので、変える事には賛成だった。
そして、私は、その時の追いつめられた心情を泣きそうになりながら訴えた。それまで、入院に難色を示していた雷蔵は何も言わなかった。察してくれたのだろう。

じゃ、よろしくお願いします。

二人で先生にお願いした。
いざ、モーフィーが先生に連れて行かれそうになったら、私はどっと涙が出て、

モーフィー、ごめんね。ママ、ちゃんと出来なくてゴメンね。

と、何度も頭を撫でた。分かっているのか、いないのか、でも、モーフィーはくりくりした目で私をじっと見ていた。

涙を拭く事もなく、受付で入院に関する説明を受けた。
一日1回、面会か電話で状況を問い合わせる事がお約束だ。ペットショップにも入院した事を連絡する様に言われた。


モーフィーには、早く良くなって欲しい。入院期間に依るが、トイレトレーニングもやり直しになるかもしれない。また、大変な日々が来るかもしれないが、モーフィーは私達の子供なんだと思えば、出来るんじゃないか・・と今は思う。

今日、病院に電話した所、やはりまだ軟便らしい。やっぱり、少なくとも1週間はかかるのだろうか。体調次第だが、水曜日に面会に行ってこようと思う。

○お礼○
11/10の日記11/12の日記にコメントを下さった皆様、メールを下さった皆様、本当に有り難うございました。大変失礼ながら、まだ精神状態が落ち着いていないので、これをコメントのレスに変えさせて頂きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうです、野田さんです!
あいっぺのミニーも、野田さんがかかりつけだったのね。
総合病院で私も信頼しているんだけど、遠いのが・・。何かあった時に間に合うんだろうかって考えると・・。元々は、ペットショップの指定病院だったから、行ったんだけどね。
新丸子の綱島街道沿いにある24時間の病院ってどうなのかなぁ?

>きっと、みんな、ゆっくり家族になるんです。
うん、今は私もそう思えます。
2005/11/21(月) 12:28:12 | URL | 智蔵 #-[ 編集]
コメント削除しました
しんさん、
やっとPC起動しました。メールでお話しした様に、申し訳ありませんがコメント削除させていただきました。
せっかく、書いてくれたのにごめんなさい。
2005/11/21(月) 12:21:02 | URL | 智蔵 #-[ 編集]
お、そこの病院は野田さんですね?
ミニーちゃんと一緒です。
さくさくだけど、腕は確かだよ。
ミニは三回も命を救ってもらってるし、
赤ちゃんのお腹弱かった頃も治してくれたし。

きっと、みんな、ゆっくり家族になるんです。
2005/11/16(水) 10:07:42 | URL | あいっぺ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。