智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死しかないのか
やっぱり私は死ぬしかないのか。

死んだら、私という鬼から解放されて喜ぶ人がいる。

でも、モーフィーは絶対里子に出されてしまう。人見知りで犬見知りで神経質なモーフィーが4歳で里子に出されて幸せになるのか。

私は「星守る犬」の「お父さん」のようになると決めたはず。

死んだらモーフィーを守れない。

でも、死ぬのを待ってる人がいる。

何も音のしないこの家で何もしないで一日中考えている。

もう話し合いを持つ事はないだろう。正面からぶつかる事が嫌いで、何かといえば「何でここに居続けるんだ?」と言う。
どうすればいいのか、私の狂って壊れた脳みそでは分からない。

私は狂って壊れて、人を服従させなければ気が済まない鬼だ。人を不幸にさせる事しか出来ないんだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。