智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備に忙しい
明日は、また病院行脚の火曜日だ。

午前中に耳鼻科。
先週したレーザー治療のその後のフォロー治療。当日はキシロカインの痺れというか痛みと事前に聞いていたものの大量の鼻血で参った。ベッドで寝ながら握ってた携帯が血で汚れていたっけ。
相変わらず、濃い鼻水が出るのだが、これも聞いてたし、この後落ち着いてくれたら良いんだけど。

午後は、整形外科。
10回続いた首のステロイド点滴はいったんお休み。右膝の注射があと2回。注射はキシロカインとヒアルロン酸。軟骨のすり減りによる痛みをカバーする為。その日は快調だけど、翌日は元通りなのが難点。でも、一時でも痛みを忘れられるならと注射の痛みで涙しながらもやっている。



その後、この家を暫く空ける事にした。
昨日、また雷蔵と出先で喧嘩して家に帰って私は怒りが収まらず、頓服のリスパダール3mlを3つも飲んだけど、即効性があるわけじゃないのに、逆撫でする言葉を浴びせる家主。大声を上げて、イスの背に左腕を何度も殴りつける不細工な私、落ち着いてよとキッチンで洗い物をする家主にヘアクリップを数個投げつけるかわいげのない私。薬はまだ効いてこない。怒りが収まらない。家主も頭を抱え必死に怒りを押さえている。その様子を見ると、何で私が怒りの対象にならなきゃいけないの?とまた逆上する。
繰り返し・・。

そういえば、週末の度に繰り返し。理由は分かってる。
週末しか、私は外の空気を吸えない。それなのに、「家で仕事が」「駐車場代勿体ない」「もう、いい?」「俺はお腹は空いてない」「声がでかい」「もっと必要な所だけ見よう」と、私の言動を全て制限するから。だったら、入院しようとして病棟見学して、あまりの制約の多さに雷蔵本人がストップをかけた○林大の精神科の病棟に入院しようと同じじゃないか。病院に制約かけられるなら仕方ないけど、夫にあれやこれや週末しか楽しみ無いのにその日にガヤガヤうるさく言われて・・・。挙げ句の果ては、大好きだったGDBCを手放して軽(R2)に乗り換えちまって。しかも一切現金出したくなかったのでグレードも低いし。何の楽しみもない。またSTI買えるなんて約束、信じてませんから。だって引っ越す約束だって、誕生日のバッグだって、他にも色々言い出したらキリが無いけど、実行されない。

もう、こんな喧嘩も繰り返したくなかった。分かっている、雷蔵という人はすごくいい人で病気の事も理解がある方で私を支えてくれていると。ただ、私がそれを上回る病状と性格で、もう雷蔵も頭を抱えている事。
私にお金が非常に掛かる事を、遠回しに言って、軽に乗り換えたり、食事を食べさせてくれなかったり・・。これ以上、医療費をはじめ私にかかるお金を負担したくないんだって事。

そうしたら、実家に帰るしかないじゃない。
無職なんだもの。
死んだら、卑怯だって言うし。
丸9年ぶりに電話して両親と会話をした。
父親が出たけど、細々した事は母親じゃないと分からないだろうと、直ぐに変わってもらった。
細かい話はするつもりは無かった。
親は変わっていた。
うつ病を少しは理解し、私が何故うつ病なのかも理解しているようだった。電話してきて嬉しいと言っていた。人が別居するって言うのに嬉しいのか、よく分からないが。しかし、親ももう雷蔵にこれ以上任せるつもりはないような事を言っていた。今まで良くしてくれたんだから・・と。このまま離婚となるのは、なんか間違いなさそうだ。
そしたら、このブログも内容吸い取って閉じなければ、何たってタイトルがタイトルだし、雷蔵が出過ぎ。

取り敢えず、通院の関係で来週の木曜日にはいったん帰宅するかもしれない(しなくてもの地元のかかりつけの薬局でないと薬がもらえないのだ)。
そのくらいの荷物なのに、カートはパンパン(フリースのパジャマで既に??)、薬も持って行かなきゃいけないし、私が20年暮らした部屋は広いので寒いので防寒対策と考えていたら大荷物になってしまった。

明日は、整形外科が終わった後、実家を手伝っている弟が迎えに着てくれる事になった。
こんな事で久々の再会をするなんて、最低な姉だよ、私は。

多分、実家で私はのんびり出来ない。
分かってる。
実家の工場の音が、今の病状にはつらいのだ。
しかも3階建て。普通の家より、階段が高い。膝にもつらい。

居場所がない。
死にたい。
消えてしまいたい。
生まれて来なきゃ良かった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヒント
笹だんごと言えば、どこの土産?

単純に数えて3号と名乗りでたけど…腹立って、憎たらしくてもオットさんは見守り隊員だよ。だから1。
私は長~く離れていたから想像で書いてしまってごめんなさいですが、

長~い経過で気持ちが離れていても親は子を受け入れます。親も性格あるから納得して行動するのに時間がかかります。
少しだけでも「変わったな」と気が付いてくれて嬉しい(^-^)

他人はよく観察できますが、自分が渦の中だと見えません…特に私は153センチなので(^o^;A

なにが言いたいのか伝わらずごめんね。でも今私も親だから葛藤の毎日。次期にホルモン悪い同士の戦いになるでしょうね…思春期VS更年期(ToT)
2008/12/18(木) 10:16:48 | URL | 笹だんご3姉弟 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。