智蔵の日記 vol.3
智蔵のblog第2弾 Since 05/9/1. 色々な病気と闘う、いや共存するぐうたらマダム智蔵の日常と生まれて初めての育犬記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院はとりあえずお預け
今日の診察で、爆発的にキレる事、プチ別居して実家に帰ったが居心地最悪ですぐ戻った事、もうコントロール不可能なので入院を希望している事、ネットでメンタル系のサプリを見つけたけどどうなんだろう・・など話した。

何せ最近主治医は受け持ち患者さんが増えて前みたいにゆっくり話せないので要件をマシンガンみたいに一気に話した。

先生は、マシンガントークを受け止めてくれて、まず大きな問題、入院については、
「今、入院は智蔵さんが苦手とさせているお母さんと同じ世代の人が多くいます。という事は、言葉は悪いですが世話を焼いてくる人もいるというという事です。ならば、差額を払って個室に入る方がいいでしょう。ちなみに、私は今は、このクリニック以外病院に籍を置いていないんです。」
とのこと。

最後の一言が、「え~~~~」って感じでビックリした。今年の春からだったそうだ。全然知らなかった。という事は、入院するなら、主治医の手を離れるという事で、どの病院も横一線となる。私は、この先生しか知らないので、他の先生に変わるのはとても抵抗がある。主治医もその点を心配していた。

結局、薬を大幅に変更して、もう暫く様子を見る事になった。
でも、珍しい薬が処方されたので(いつもの事だが)、薬局でも在庫がなくて1種類は後日受け取りという事になった。
以前にも似たような薬の処方だった事があるが、暫く続けて良くなった事があるので、今回も良くなると良いのだが・・。どちらにしても即効性はないので、しばらくはもがき続けるんだろうな。

そういえば先生は、私は実家に連絡し、帰省した事を驚いていたが、余計に関係修復する可能性がなくなったといったら苦笑いをしていた。
私の場合、間違ったタイミングや手順で、事を実行しても、悪い方向にしか進まない事を先生はご存じだったのだ。



話は変わるが、今日で通称しめ鯖号ことGDBCのラストデイだった。病院前に寄り道して安全な場所でほんのちょっとだけ運転してみた。懐かしかった。このまま手放すのが寂しかった。本当にまた、このような車を乗り回せる日が来るんだろうか?金銭的に買えて、私の身体的に運転できるまでに回復できるんだろうか?是非そうありたい。それまでちっちゃい車で我慢するか。最初は文句垂れタレだろうがそのうち愛情もわくかな?
スポンサーサイト
自宅に居ます
詳しい報告は、書けたら後日…だけど、

土曜日に自宅に戻った。

実家はやっぱりここより何十倍も居心地悪かった。


入院は木曜日の診察で相談する事になるだろう。
ここにいたくない
実家に来て3日目。

親がうつ病を理解出来るようになったと思ったのは大間違いだった。

母親の過干渉がウザすぎる。

私は、関係修復しに来たわけではない。療養の為に、入院も出来ず自宅でも良くならず、最終手段として仕方なくコンタクトしたのに・・
過干渉されてのんびり出来ない。

今日も嫌だったので、買い物の後ドトールでお茶していたら、弟からどこにいるのと電話があって・・。いちいち、弟を連絡係にするから弟も口調が怒ってた・・。

こんなんだったら、やっぱり入院した方が良い。
知り合いと会うわけでもないんだし、電話も掛かってこないのは相変わらずだし、膝も悪けりゃ大して歩けないから半閉鎖病棟でも問題ない。TVが見れないのが少しつらいが。入院と同時に禁煙パッチ再開すればいちいち喫煙所に行かなくてもいい。
ただ、費用を誰が出すのか。誰も出さないのか。

とにかく、ここも私の居場所ではないのは間違いない。

夕飯もパスした。
買いに行くか食べに行こうかと思ったけど、家の鍵持ってない。
お腹空いた・・。
準備に忙しい
明日は、また病院行脚の火曜日だ。

午前中に耳鼻科。
先週したレーザー治療のその後のフォロー治療。当日はキシロカインの痺れというか痛みと事前に聞いていたものの大量の鼻血で参った。ベッドで寝ながら握ってた携帯が血で汚れていたっけ。
相変わらず、濃い鼻水が出るのだが、これも聞いてたし、この後落ち着いてくれたら良いんだけど。

午後は、整形外科。
10回続いた首のステロイド点滴はいったんお休み。右膝の注射があと2回。注射はキシロカインとヒアルロン酸。軟骨のすり減りによる痛みをカバーする為。その日は快調だけど、翌日は元通りなのが難点。でも、一時でも痛みを忘れられるならと注射の痛みで涙しながらもやっている。



その後、この家を暫く空ける事にした。
昨日、また雷蔵と出先で喧嘩して家に帰って私は怒りが収まらず、頓服のリスパダール3mlを3つも飲んだけど、即効性があるわけじゃないのに、逆撫でする言葉を浴びせる家主。大声を上げて、イスの背に左腕を何度も殴りつける不細工な私、落ち着いてよとキッチンで洗い物をする家主にヘアクリップを数個投げつけるかわいげのない私。薬はまだ効いてこない。怒りが収まらない。家主も頭を抱え必死に怒りを押さえている。その様子を見ると、何で私が怒りの対象にならなきゃいけないの?とまた逆上する。
繰り返し・・。

そういえば、週末の度に繰り返し。理由は分かってる。
週末しか、私は外の空気を吸えない。それなのに、「家で仕事が」「駐車場代勿体ない」「もう、いい?」「俺はお腹は空いてない」「声がでかい」「もっと必要な所だけ見よう」と、私の言動を全て制限するから。だったら、入院しようとして病棟見学して、あまりの制約の多さに雷蔵本人がストップをかけた○林大の精神科の病棟に入院しようと同じじゃないか。病院に制約かけられるなら仕方ないけど、夫にあれやこれや週末しか楽しみ無いのにその日にガヤガヤうるさく言われて・・・。挙げ句の果ては、大好きだったGDBCを手放して軽(R2)に乗り換えちまって。しかも一切現金出したくなかったのでグレードも低いし。何の楽しみもない。またSTI買えるなんて約束、信じてませんから。だって引っ越す約束だって、誕生日のバッグだって、他にも色々言い出したらキリが無いけど、実行されない。

もう、こんな喧嘩も繰り返したくなかった。分かっている、雷蔵という人はすごくいい人で病気の事も理解がある方で私を支えてくれていると。ただ、私がそれを上回る病状と性格で、もう雷蔵も頭を抱えている事。
私にお金が非常に掛かる事を、遠回しに言って、軽に乗り換えたり、食事を食べさせてくれなかったり・・。これ以上、医療費をはじめ私にかかるお金を負担したくないんだって事。

そうしたら、実家に帰るしかないじゃない。
無職なんだもの。
死んだら、卑怯だって言うし。
丸9年ぶりに電話して両親と会話をした。
父親が出たけど、細々した事は母親じゃないと分からないだろうと、直ぐに変わってもらった。
細かい話はするつもりは無かった。
親は変わっていた。
うつ病を少しは理解し、私が何故うつ病なのかも理解しているようだった。電話してきて嬉しいと言っていた。人が別居するって言うのに嬉しいのか、よく分からないが。しかし、親ももう雷蔵にこれ以上任せるつもりはないような事を言っていた。今まで良くしてくれたんだから・・と。このまま離婚となるのは、なんか間違いなさそうだ。
そしたら、このブログも内容吸い取って閉じなければ、何たってタイトルがタイトルだし、雷蔵が出過ぎ。

取り敢えず、通院の関係で来週の木曜日にはいったん帰宅するかもしれない(しなくてもの地元のかかりつけの薬局でないと薬がもらえないのだ)。
そのくらいの荷物なのに、カートはパンパン(フリースのパジャマで既に??)、薬も持って行かなきゃいけないし、私が20年暮らした部屋は広いので寒いので防寒対策と考えていたら大荷物になってしまった。

明日は、整形外科が終わった後、実家を手伝っている弟が迎えに着てくれる事になった。
こんな事で久々の再会をするなんて、最低な姉だよ、私は。

多分、実家で私はのんびり出来ない。
分かってる。
実家の工場の音が、今の病状にはつらいのだ。
しかも3階建て。普通の家より、階段が高い。膝にもつらい。

居場所がない。
死にたい。
消えてしまいたい。
生まれて来なきゃ良かった。
久々に美容に気を使ってみた
少しばかり調子がupしている証拠なのか、見た目に気を使う気になってきた。
予約をしたのは先週以前なので、ちょっと当日の体調とシンクロしてたわけじゃないんだが・・実際帰宅後グロッキー(・・古っ!)だったし

昨日は、美容院へ。
実は3月にくしゃみで頚椎症になった時、そろそろ巻き髪もできそう・・というほどのセミロングの髪を自分で洗う・乾かす事も大変で、あまりにも不自由で、雷蔵の何気ない「オシャレより健康だろ。切っちゃえば」言葉でカーッときて洗面所でザクザク坊主頭に泣きながら切ってしまった。所々2,3cmの所もあるいわゆる虎刈りだったらしい。私は、ショートは似合わないと雷蔵に言われて自分でもそう思っていたし首を冷やすと調子が悪くなるので嫌だったのだけど・・。
冷静になると、そんな髪で出掛けたくないし、結局帽子をかぶったり、ウィッグを被ったり、少し伸びてきたら整えてもらったが、いつもの美容院へは行きたくなかった。事情を話すのが嫌だった。だから安い所でやってもらって、夏の旅行に行ったんだっけ。
その髪型も、伸びかけで気に入らない。襟足が若干長さがあるのに、その上は頭の形に添ってペッタリ。薄くて毛が細いクセがあるのに、右腕が上がらないのでアイロンとかでセットできない。
で、いつもの美容院の担当さんに、下の方にウエーブをかけて広がりを出す事が出来ないか相談してみたら、部分パーマで出来るとの事だった。こんなに毛量無いのに大丈夫なんだ~。
後ろはよく見えなかったが、前の方は縦気味に巻いてた。
仕上がりは、グ~!気に入った。くせ毛風パーマって感じ。ワックスとか付ければしっかりウエーブも出せそう。
髪が、頭の形そのままから三角のシルエットに変わって、さらに裾がくしゅくしゅなので少し雰囲気が柔らかくなった。このまま、気持ちも「柔らかく」ならないかねぇ・・(^_^;)


今日は、同じく頚椎症になってから行けなくなってしまったネイルサロンへ。
精神科へ連れて行ってもらった後、元住吉で降ろしてもらって、お昼を松屋(ビビン丼・・スプーンで食べれるので助かるのだ)で食べて、ドトールでコーヒーとタバコと携帯の音楽で時間をつぶして、いざサロンへ。
今までは、スカルプチュアばかりだったけど、右手が不安定でフィル(直し)に来れるか分からないのでバイオジェル(溶剤で落とせるジェル、カルジェルなんかとも同じ?)を初体験する事に。そしてまつげパーマ。がさがさの手にはパラフィンパックをオプションで。

パープルグラデバイオ右 パープルグラデバイオ左

最近流行のパープルのカラーグラデで、右中指に私デザインのアートをしてもらった。
帰宅後雷蔵に見せたら、テーマがバレバレだった(^◇^;) でも、そういう風に見えたなら、私のデザイン(案)もまんざらじゃないか。



しかし、女はいくつになっても美しくしているという気持ちや行為が、ウキウキさせハッピーにさせるもんだなぁ。

後は、見た目もそうだが高脂血症を治すべくダイエットをまじめに頑張らなくては(´ヘ`;)ハァ
ホルモンバランス正常につき
昨晩、先月から24日目で生理が来た。

夏は28日周期、それ以外は大体25日周期だから、まあ正常だが、予兆がなかったので驚いた。いや、直前に急に眠くなったような気がする。

突然、猛獣のようだった私は、普通のオバチャンに落ち着いたような・・。

また、PMSだったのか・・。構えるのが嫌でカレンダーとにらめっこはしないようにしているが、した方がいいのだろうか。

今晩は、この家で完全な一人。
雷蔵は出張(携帯の電波も入らないところで作業中らしい)。モーフィーはホテルでお泊まり。
一切、声を発する事もない。

でも、ついこの前まで嫌がっていた孤独感とは何となく違う。よっぽど今日の方が孤独なんだけど。

先日はお騒がせしました・・なんて嘘くさいっていうか、もう繰り返さない保証はないというか、絶対にまた同じ状態(脳内に関して)になるので、書いても意味がないかな。

今夜も冷えるなぁ・・。
難民
帰ったら所有者が居たので、とっさにスクーターのキーを取ってまた飛び出した。

すぐ右腕が悲鳴を上げたので、休憩して電話したら
「午前半休にした。帰ってくればいいし、来ないのはアナタの勝手でしょ」
だとさ。バイクで出た事なんか全然気付いてなかった。

走っては休憩。今は近所に戻って時間潰し。私は穀潰し。

主は出社準備して出掛けただろうか。

私、難民らしい。

明後日から主は出張で、モーフィーはホテルにお泊まり。
完全な独りにやっとなれる。それまでガマン。

ああ、さすがに眠い。人目がなかったら横になってしまいたい。
宿泊@ネカフェ
帰ったところで、また大喧嘩、大怪我するだけなので、ただいま初ネカフェ宿泊。

こんなところ、寝れない・・。ってもとなりの個室からは大いびきが0時くらいから聞こえてるけど。まあ、体が健康な人で神経質じゃなければ案外寝られるのかもしれない。飲み物タダだし、漫画雑誌たくさんあるし(私は読まないけど)、ネット使えるし。

ちなみに、10時間パックで1,960円だったかな。後払い。
何せ2回目くらいなのでシステムが良く分からない。
ATOK人間なのでMS-IMEも使い慣れない。

個室スペースは、ビルの屋上に増設したプレハブ・・・。しかも、私のブースは入り口。すきま風ぴゅーぴゅー、ドリンクサーバー稼動すると轟音、入り口の引き戸がすべりが悪くてガタガタ言うわ振動するわ・・。
贅沢言ってはいけないね。一応暖房も効いてるし、横になれるし、毛布もある。首、肩、腰、膝・・痛みは最悪だから、叫びたい、破壊衝動のようなイライラがあるけど、公共スペースというか他人のもの、他人に危害を加えてはいけない・・という理性だけで・・当然安定剤も持っていないので脳内物質狂い咲きだが・・それを抑えている。

朝、モーフィーが一人になったら帰宅しようと思うが、その瞬間どうなるか私は分かるような、分からないような。きっと帰巣して理性が緩んだ途端、何かしらの形でガス抜きをしなければ私の脳内は熱暴走、フリーズ・・懐かしいところでいえば
「修復不可能なアプリケーションエラーが起こりました。アプリケーションを終了します」
となるかもしれない。


まゆみへ、
うつ病は、「気分が落ち込んだ~」の激しいver.とは違うんだよ。脳の神経伝達物質の「病気」なんだよ。ちょっと違うか・・。
血のつながった家族に理解されないのって、ほんとつらいんだ。だから、両親と絶縁してるんだし。


あーどうでもいい。くだらない。
理性も限界か?
なんだかおかしくなってきた。
テーブルが肩の高さだから、右肩もパンパンで限界らしい。
でも、そんなことじゃ根の国に隠れられないのか。めんどくさい。
息を止めてほしいよ。

[宿泊@ネカフェ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。